エンゲージリングの歴史

愛の象徴として婚約した男女が身につけるエンゲージリングの歴史をご存知でしょうか?
今回は結婚のシンボルとも言えるエンゲージリングの歴史をご紹介します。

エンゲージリングの歴史

エンゲージリング
結婚とは男女が結ばれる事を祝うものです。
そしてエンゲージリングの歴史を遡ると古代からこの習慣があることが分かりました。
結婚指輪に関する最も古い記録では、紀元前1世紀、ローマの歴史家大プリニウスが記した記録には、既に結婚した男女がシンプルな指輪を交換する習慣が記されています。
指輪を左手薬指に付けるという事も、この時から変わっていません。
何故左手薬指に結婚指輪をはめる事になったのかと言うと、この指には直接心臓に繋がる血管があると考えられており、「愛の血管」として呼ばれていたからです。

また結婚指輪にはダイヤモンドの装飾が定番となっていますが、これにも古い歴史があります。
最も古い記録だと1477年、ハプルブルク家出身のマクシミリアン1世に、婚約者であるブルゴーニュ女公が「婚約の証にダイヤモンドが付いた金の指輪を付けないと」と伝えた事が始まりだと考えられています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top